神決定戦概要

スタンダード・モダン・レガシー・ヴィンテージ・フロンティア・リミテッド、各フォーマットの「神」の称号を巡って争う大会です。

■「神」規定
「神」は任期中以下の報奨を受けることが出来る。
・「神」決定戦(防衛戦)の度に、勝敗に関わらず100,000円支給

・晴れる屋全店舗で行われる大会の参加費無料
(リミテッドイベントはパック代のみ支払い)

・「神」決定戦(防衛戦)で敗北すると、「神」の座は剥奪される

「神」の称号を持つ方には、「神」決定戦(防衛戦)の度に対局料として100,000円が支給されます。
また、晴れる屋全店舗で行われる全ての大会の参加費が無料になります。
(リミテッドイベントはパック代のみお支払い頂く形になります。)

神シリーズの流れ 挑戦者決定戦優勝者 現在の『神』 神決定戦(防衛戦) 次期『神』決定

第2期以降の「神」シリーズでは、「神」決定戦(防衛戦)の前に「神」挑戦者決定戦を行い、その優勝者が挑戦者として次期「神」の座を賭けて勝負します
「神」決定戦(防衛戦)の日程につきましては、後日追って記載致します。
「神」挑戦者決定戦及び「神」決定戦(防衛戦)は、年3回行う予定です。
「神」挑戦者決定戦及び「神」決定戦(防衛戦)は別の日程で行います。

※主催者の判断により、資格喪失になる場合があります。ご了承ください。
※イベント内容は予告なく変更になる場合があります。
※リミテッド神につきましては、流れが他の神決定戦とは異なります。詳細はこちらをご覧ください。
※第13期神決定戦につきましては、各挑戦者決定戦の翌日に該当フォーマットの神決定戦を行います。

リミテッド神概要
リミテッド神決定戦の流れ 挑戦者決定戦優勝者 現在の『神』 神決定戦(防衛戦) 挑戦者7名でシングルエリミネーション 神はシード 次期『神』決定
開催に寄せて

高橋 優太

高橋 優太 (東京/カードラッシュ所属プロ)

高橋がもつ数多のプロツアー/グランプリ入賞歴へ、2020年早々に新たな1ページが書き加えられた。
プレイヤーズツアー・名古屋2020において、初日全勝から見事トップ4入賞を果たしたのだ!

さらに積み重ねた努力は実を結ぶ。獲得したプレイヤー・ポイントにより、4/1付けでライバルズリーグへの招待が発表されている!
2020年、もっともノっている男である。

●主な戦績
PT名古屋2020 トップ4
PT「異界月」 トップ8
GP京都15 優勝
GPバンコク19 トップ8
ワールド・マジック・カップ12 日本代表
第4及び12~13期スタンダード/第13~15期モダン/第16期ヴィンテージ神
など

■高橋さんからのコメント:

かつて、私は神だった。

スタンダードとモダンを優勝し2冠神を達成しこともあったが、しかし2つとも強敵に敗北。
兵どもが夢の跡という言葉の通り、常に最高の状態でいることは不可能だ。
感覚を常に研ぎ澄ませておかないとミスは起こるし、勝ち続ければ自分よりもプレイの上手い相手が現れることもある。
勝負の世界において、一度勝利するよりも勝利し続けることの方がずっと難しい。

だが負けたから弱くなってしまったかと言えば、そんなことはない。

強敵達との戦いにおける自分のミスプレイは今でも記憶に残っており、勝利よりも敗北からの方が学べることが多い。
負けた自分は昨日よりも強く、強敵への敗北こそが一番の上達の近道。
マジックにゲームオーバーは無く、負けても無限にコンテニューを続ければいつか自分のレベルが上がって強敵を打ち倒すことが出来ると信じている。

神決定戦は、強者と戦う挑戦の場だ。

そして挑戦こそが我が生き甲斐。まだ見ぬ強敵に会いに、再び神の座を取り戻すために、戦いに赴くとしようではないか。


木原 惇希

木原 惇希 (東京/晴れる屋所属プロ)

木原のプレイヤーとしてのキャリアは、まさに神決定戦から始まったといっても過言ではないだろう。
初代スタンダード神へとのぼりつめ、自身の存在を強く周囲へと示してみせた。

プレミアイベントではもっとも得意とするレガシーで開催されたGP千葉2016において準優勝!
その後もプロツアー/グランプリへと参加し続け、着実に戦績を残している。

●主な戦績
GP台北2019 準優勝
GPバンコク2019 トップ8
GP京都2017 準優勝
GP千葉2016 準優勝
初代スタンダード/第10期フロンティア/第6期リミテッド神
など

■木原さんからのコメント:

「神と言えば?」「まず俺。」

最初の神にして一番多くの神になった男、木原 惇希です。

神決定戦には人一倍思い入れが強く、僕がトーナメントシーンで初めて結果を残した大会であり、自身初のタイトルとなりました。
最初にスタンダード神になった日のことは今でもよく覚えています。
なんの実績もない田舎のプレイヤーがあの八十岡 翔太を倒し、帰るときには【神】になっていたんですよ?
そんな凄い大会は他にはありません。

神になることで得られるのは「晴れる屋の大会参加費無料」と「防衛戦の度に対局料10万円」と記載されていますが、僕はそれ以上の付加価値がこの大会には付いてきていると感じています。

多くのプレイヤーが注目するこの大会で勝つことで知名度が上がり、今までになかった交流が生まれたり所属コミュニティや地域の活性化など、目には見えない付加価値があります。
なので、遠方に住んでいるから「大会参加費無料」の恩恵を受けられないと考えるのではなく、若かりし頃の僕のように遠方に住んでいる人にこそこの大会に挑戦して欲しいと思います。

なによりグランプリや神決定戦などの大型大会に向けて友達と調整したり、遠征することはMTGの一番の醍醐味であると思うので、多くの人に体験して頂きたいと思います。

熱意あるプレイヤーのご参加をお待ちしております。


石川 朋彦

石川 朋彦 (東京)

マジックの放送において、欠かせない男がいる。
目の前で繰り広げられる戦いを、熱意そのままに視聴者へと届ける橋渡し役である。それが石川だ。

公式放送だけではなく神決定戦においても実況を務め、今日も視聴者の代弁者となり解説へと話を繋いでくれている。

●司会・実況の実績
プレイヤーズツアー・オンライン2020
プレイヤーズツアー・名古屋2020
The Finals 2019
グランプリ・名古屋2019
神決定戦
など

■石川さんからのコメント:

神決定戦。

日本マジックの総本山と言っても過言ではない「晴れる屋トーナメントセンター」で、四半期ごとに開催されるビッグイベント、それが「神決定戦」。
勝者は神の称号と対局料10万円を手に入れ、そして晴れる屋のイベント参加費が無料となる。すごい!
さらに参加時に受付で「神だが…」と自称できるのだ!

ただし、その道のりは簡単じゃない。晴れる屋トーナメントセンターは300席のデュエルスペースに、365日マジックのイベント・大会を開催している毎日がマジックな場所。
マジックプレイヤーなら誰でも一度は

「高田馬場に引っ越しちゃおっかなぁ~」

と冗談(本気?)を言ったことのある憧れの場所。
そんなハッピーの集合地で開催される大会ですから、参加者もレベルが高いわけで。


神挑戦者決定戦には多くのプロプレイヤーが参加しているため、亜神・半神みたいな人がゴロゴロ。
石を投げりゃ強者に当たる。
レジの方に投げたら江原さん(スタンダード神)に当たるかも?いや、レジに江原さん立っているのすごいな。
レジにすら強者を配置する晴れる屋、全く隙がない。どこもかしこも強い人、マジックが大好きな人ばかり。

そんな中で神になるなんて凄まじい!

そして嬉しいことに神が多い。
スタンダード神、モダン神、レガシー神と数えると片手では足りない。リミテッド神、ヴィンテージ神、新たにパイオニア神が加わった。
神たちの試合を見られる喜びと、さらに忘れてはいけない視聴者プレゼント。良いことばっかりじゃないか!神様ありがとう!

最後に忘れてはならないのが、僕と一緒に放送を盛り上げているプレゼント神、トロピ大塚!!

神たちに期待しよう!


※こちらの寄稿文、プレイヤー紹介文は2020年7月に掲載されたものです。