晴れる屋

記事トップ > ニュース > 2018-19シーズン Hareruya Prosに関する重大発表!

2018-19シーズン Hareruya Prosに関する重大発表!

2018/10/11 00:00 

    • 晴れる屋メディアチーム
    • ニュース

 Hareruya Prosとは何か。

 既にご存知の方も多いだろうが改めて説明すると、Hareruya Prosとは、晴れる屋がスポンサードするマジック:ザ・ギャザリングのプレイヤーの中でも特に才能と情熱があり、世界で活躍している選手たちのチームだ。

 マジック:ザ・ギャザリングの最高峰の大会の一つであり、年に複数回開催される「プロツアー」に継続参戦するためには、基本的には厳しい戦いでプロポイントを勝ち取り、プロクラブのゴールド・レベル以上に登りつめる必要がある。トップクラスのプラチナ・レベルのプレイヤーは世界でも30名程度しかおらず、ゴールド・レベルも60名ほどに限られている。

 そしてHareruya Prosは主にゴールド・レベル以上のプレイヤーで構成されているため、プロツアーの中継やカバレージで目にする機会も多い。

 つまりHareruya Prosとは、世界的にもまさしく注目選手揃いのスポンサード・チームなのだ。

 さて、そんなHareruya Prosについては、つい先日北米で活動している新メンバー6名の加入、そしてアジアを代表する新メンバー3名の加入というニュースをお届けしたばかりである。

 だが。

 今回なんとさらに、Hareruya Prosについてのビッグニュースを2本お届けできる運びとなったのだ。

ニュース1: 新たに6名の精鋭がHareruya Prosに加入!

 さて、Hareruya Prosに関するビッグニュースと言うからには……もちろん新選手の加入は外せない。

 そう。Hareruya North Americaの6人、Hareruya Sword/Axeの3人に加え、さらにトッププレイヤー6選手がHareruya Prosに加入することとなったのだ。

 それでは早速、Hareruya Prosに加入する新メンバー6人をご紹介しよう!

ピオトル・グロゴゥスキ/Piotr Glogowski (ポーランド)

ピオトル・グロゴゥスキ/Piotr Glogowski

ピオトル・グロゴゥスキ/Piotr Glogowski

 ピオトル・グロゴゥスキという本名よりも、kanisterというオンライン・ネームで知っている方の方が多いかもしれない。プロツアー『イクサラン』でトップ8に入賞ワールド・マジック・カップ2017でもグジェゴジュ・コヴァルスキと共に準優勝と立て続けに好成績を残す。その後もコンスタントにプロポイントを稼ぎ、遂にはプラチナ・レベルに到達した。

 モダンの「アミュレット・ブルーム」、そして「ランタン・コントロール」の達人として知られている彼は、両デッキでGPトップ8経験があり、またTwicthの配信者としても人気を博している。

 マジック・オンラインから世界に羽ばたいた若きポーランドの雄。2018-19シーズンでの彼の活躍に期待だ。

クリスティアン・ハウク/Christian Hauck (ドイツ)

クリスティアン・ハウク/Christian Hauck

クリスティアン・ハウク/Christian Hauck

 ピオトルと同じくプロツアー『イクサラン』でトップ8に入賞。その後プロツアー『ドミナリア』でも29位に入賞。

 さらにはグランプリのトップ8にも2回入賞とシーズンを通じて好成績を残し、1年間でノンレベルから世界最高峰のプラチナ・レベル・プロにまで上り詰めた。

 ハウクの急成長は留まることを知らない。今シーズンも彼がどこまで勝ち続けるのか、楽しみにしよう。

ゴンサロ・ピント/Goncalo Pinto (ポルトガル)

ゴンサロ・ピント/Goncalo Pinto

ゴンサロ・ピント/Goncalo Pinto

 プロツアー・フィラデルフィア2005がプロツアーデビューというベテランプレイヤー。プロツアー『ドミナリア』初のプロツアーサンデー、そして準優勝に輝き、ゴールドレベルを確定させた。

 同郷であるマルシオ・カルヴァリョをはじめHareruya Latinのメンバーとも親交が深く、直近のプロツアーでは共に練習をしているゴンサロ。Hareruya Latinとともに、次こそは優勝トロフィーを掲げるべく、Hareruya Prosに加入!

アーネ・ハーシェンビス/Arne Huschenbeth (ドイツ)

アーネ・ハーシェンビス/Arne Huschenbeth

アーネ・ハーシェンビス/Arne Huschenbeth

 21歳、ドイツの若きエース。プロツアー『破滅の刻』で11-5を記録しプロツアー『イクサラン』の権利を獲得、そしてそのプロツアー『イクサラン』でも11-5と2大会連続で好成績を収める。さらには続くプロツアー『イクサランの相克』相克でも10-5ー1とプロツアーでハイアベレージを記録し、自身初のゴールド・レベル・プロに名乗りを上げた。

 グランプリ・リミニ2016で優勝してるほか、今年もグランプリ・ブリュッセル2018でトップ8に入賞と、若くして実績・実力ともに抜群。新世代を担う1人として、アーネはこれからも着実に勝利を積み重ねるに違いない。

イマニュエル・ゲルシェンソン/Immanuel Gerschenson (オーストリア)

イマニュエル・ゲルシェンソン/Immanuel Gerschenson

イマニュエル・ゲルシェンソン/Immanuel Gerschenson

 グランプリ・マドリード2014、そしてグランプリ・セビリア2015という2大会で頂点に立っている、オーストリア屈指の実力派。

 プロツアー『イクサランの相克』ではサイドに《遅延》を採用した独特のトラバース・シャドウを手に構築ラウンドを9-1、14位に入賞。さらにオーストリア選手権2018では準優勝に輝き、オーストリア代表の座を手にするとともに、ゴールドレベルを手中におさめた。

ジェイソン・チャン/Jason Chung (ニュージーランド)

ジェイソン・チャン/Jason Chung

ジェイソン・チャン/Jason Chung

 プロツアー『タルキール龍紀伝』にてニュージーランド勢初のプロツアートップ8に入賞した、オセアニアを代表するプロプレイヤー。近年は齋藤 友晴や同じくHareruya Prosに加入したリー・シー・ティエンが所属するプロツアー調整メンバーの一員としても活躍している。

 2017-2018シーズンは振るわなかったが、プラチナ・レベルの経験もあるその実力は折り紙付き。2018-2019シーズンにリベンジを果たすべく、多数の仲間たちが所属するHareruya Prosに加入することとなった。

 ……以上6名、ヨーロッパ、そしてオセアニアのプロプレイヤーたちがHareruya Prosに加わることとなった。

ニュース2: Hareruya Hopesの2名がHareruya Prosに昇格!

 既にお伝えしているジェイコブ・ナグロ/Jacob Nagro同様、昨シーズンをHareruya Hopesのメンバーとして活動し、素晴らしい成績を収めてゴールド・レベルに到達したパスカル・フィーレン/Pascal Vieren (ベルギー)、ブランコ・ネランク/Branco Neirynck (ベルギー)。その実績と実力が実を結び、今年からHareruya Prosとしての活動となる。

パスカル・フィーレン/Pascal Vieren (ベルギー)

パスカル・フィーレン/Pascal Vieren

パスカル・フィーレン/Pascal Vieren

 プロツアー『イクサランの相克』にて、兄のピーター・フィーレンとともに調整した青赤パイロマンサーを手に快進撃を見せ、トップ8に一番乗り。見事この大会をトップ4で終える。

 その後もグランプリやプロツアーで順調にプロポイントを稼ぎ、念願であったゴールド・レベルに到達したのだ!

ブランコ・ネランク/Branco Neirynck (ベルギー)

ブランコ・ネランク/Branco Neirynck

ブランコ・ネランク/Branco Neirynck

 地元の友人たちとプロツアー地域予選を突破して臨んだ、マジック25周年記念プロツアーその大会でトップ4に進出し、プロツアー・サンデー進出者として大きく注目を浴びるとともにゴールドレベルに到達!

 ブランコの勢いはそれに留まらず、グランプリ・ストックホルム2018でも見事にトップ8入賞。その実力を自らの手で証明してみせた。

 Hareruya HopesからHareruya Prosに昇格した、パスカル・フィーレンとブランコ・ネランク。赤いユニフォームを身に纏い、新しいシーズンに臨む彼らに注目してほしい。

今期のHareruya Pros新体制まとめ

 さて、どれもハッピーなニュースとはいえ、先日のHareruya North AmericaのニュースやHareruya Sword&Axeのニュースもあり、読者の方々の中には「で、結局Hareruya Prosはどうなったの?」と思う向きもあるだろう。

 そこで以下に2018-19シーズンのHareruya Prosのメンバー表を用意したので、気になる方は参考にして欲しい。

プロレベル
(サイクル1)
プレイヤー名 チーム Hareruya 備考
プラチナ Luis Salvatto Latin
プラチナ Marcio Carvalho Latin
プラチナ John Rolf North America
プラチナ Javier Dominguez Sword
プラチナ Grzegorz Kowalski Sword
プラチナ Kelvin Chew Sword
プラチナ Piotr Glogowski
プラチナ Carlos Romao Latin
プラチナ Christian Hauck
プラチナ Jeremy Dezani Sword
プラチナ Gregory Orange North America
プラチナ Ben Hull North America
プラチナ Allen Wu North America
プラチナ Dmitriy Butakov
ゴールド Lucas Esper Berthoud Latin
ゴールド Goncalo Pinto
ゴールド Lee Shi Tian Sword 殿堂
ゴールド Pascal Vieren
ゴールド Sebastian Pozzo Latin
ゴールド Yam Wing Chun
ゴールド Branco Neirynck
ゴールド Arne Huschenbeth
ゴールド Jacob Nagro North America
ゴールド 齋藤 友晴 Axe
ゴールド Petr Sochurek Axe
ゴールド Brandon Ayers North America
ゴールド Christian Calcano Axe
ゴールド Immanuel Gerschenson
シルバー Jason Chung Axe (※)
シルバー Marc Tobiasch
シルバー 津村 健志 Axe 殿堂

(※)ヤム・ウィン・チャン選手のHareruya Axe加入が取りやめになり、代わりにジェイソン・チャン選手がHareruya Axe 6人目のメンバーとなりました。

契約終了
佐藤 レイ
Thiago Saporito
高橋 優太
原根 健太
井川 良彦
Martin Muller
Pierre Dagen
中村 修平
熊谷 陸
Oliver Polak-Rottmann

 ワールド・マジック・カップ2017優勝など大車輪の活躍を見せてくれた原根 健太、いくつもの名記事を寄稿してくれたPierre Dagenをはじめ、国内外のプレイヤーたち10名がHareruya Prosとしての活動を終了した。これまでの彼らの貢献に改めて感謝の意を表すとともに、新天地での活躍に期待しよう。

 こうした加入や卒業を経た結果、2018-19シーズンのHareruya Prosは最終的には昨年度よりも増員し、総勢31名でスタートすることとなった。アジアやオセアニア、ヨーロッパ、北米、南米とまさに世界中のプロプレイヤーたちが「Hareruya Pros」として世界に名を轟かせていくことになる。またすでにアーネ・ハーシェンビスが寄稿してくれたように、今シーズン加入した選手たちついては全員がライターとしてマジックの記事をこのウェブサイトに寄稿してくれることになっているので、記事も近いうちにお届けできる予定だ。楽しみに待っていて欲しい。

 昨シーズンはルイス・サルヴァットがプロツアー『イクサランの相克』優勝Hareruya Latinがチームシリーズ年間1位で決勝進出、そして多くのHareruya Prosたちがプロツアー・グランプリで大活躍した1年間だった。

 2018-2019シーズン、ハビエル・ドミンゲスが世界選手権2018で優勝という、頂点にして最高のスタートを切った。まだ始まったばかりであるが、今年も大活躍間違いなしのHareruya Pros/Hopesのことを、これからも応援していただければ幸いである。

関連記事