晴れる屋

記事トップ > Hareruya Pros Blog > Hareruya Prosと一緒にドラフトしよう!~『基本セット2019』編Part1~

Hareruya Prosと一緒にドラフトしよう!~『基本セット2019』編Part1~

2018/07/12 00:00 

    • Jeremy Dezani
    • Hareruya Pros Blog

今回は、新しいセット『基本セット2019』のドラフトです!

ドラフトの最初の8手をシミュレートし、Hareruya Pros4名に何をピックするか答えてもらいます。

今回のピックに参加してくれるのはこちらの4名です!:

(彼らのプロフィールや詳細はこちら!)

彼らが同じ選択を行うのか、それとも違った選択なのか、ピックを見るのがとても楽しみですね。

初手

Thorn LieutenantSiftMillstoneVolley VeteranRhox Oracle Tolarian ScholarLich's CaressAngel of the DawnShockAven Wind Mage Tolarian ScholarRabid BiteTolarian ScholarMacabre Waltz平地

ルイス・サルヴァット

Pick
Volley Veteran

ゴブリンはコモンに強いものが《ドラゴンの餌》みたいなものともう1種類あって、アンコモンにも何枚か、そしてレアにも1枚だ。その何枚かっていうのはカードパワーがすごく高いと思うんだ《リッチの愛撫》にも注目で、ちょっと重いけど条件なしの除去に3点のライフ、というのは万能さ。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Lich's Caress

このパックには《茨の副官》《暁の天使》《エイヴンの風魔道士》とあって悩ましいですね。その中でも、汎用性の高い除去が一番だと思います

ティアゴ・サポリート

Pick
Thorn Lieutenant

《茨の副官》《リッチの愛撫》のどっちを選ぶか難しいけど、初めてのドラフトだから、ここはレアをピックするよ。2マナ2/3はいいスペックだし、能力も良いね

ピエール・ダジョン

Pick
Thorn Lieutenant

まだこのセットは全然練習してないから、かなり難しいな《茨の副官》《斉射の古参兵》《リッチの愛撫》がベスト3と感じたんだけど、テンポ重視な環境なら《ショック》《エイヴンの風魔道士》の方がいいかもしれないし、《ふるい分け》が隠れたボムかもしれない。(《予言》がベストコモンだったときを覚えてるかい?)1手目の選択は幅が広いし、このパックはすごく濃いから、このパックが返ってきたときのことを考えることにするよ。《狂気の一咬み》《ロウクスの神託者》があって、どっちも見た目より強くて安定したコモンだ。ここでは、《茨の副官》を取るのが良さそうだね。

各プレイヤーの選択

Volley VeteranLich's CaressThorn LieutenantThorn Lieutenant

2手目

Vaevictis Asmadi, the DireShield MareMirror ImagemtgPlummet Totally LostTolarian ScholarSparktongue DragonTake VengeanceTalons of Wildwood Goblin InstigatorGallant CavalrySkeleton ArcherGearsmith GuardianHighland Lake

ルイス・サルヴァット

Pick
Goblin Instigator

この2マナゴブリンは他の色のカードよりちょっと見劣りするが、青赤はそんなに攻撃的にならないので、このピックでは色を揃えておいた方が良いだろうね。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Mirror Image

《暴虐の覇王アスマディ》は良さそうですが、3色を選ぶにはまだ早いと思います。他に悩ましいのは、《防御牝馬》《鏡像》《電光吠えのドラゴン》《凛々しい騎兵隊》《骸骨射手》です。戦場に出たときの能力をもっている良いクリーチャーがこのセットには多いので《鏡像》を取るのが良さそうですね。

ティアゴ・サポリート

Pick
Vaevictis Asmadi, the Dire

基本セットではボムをピックするのが好きなんだよ。こいつも強そうだね。

ピエール・ダジョン

Pick
Sparktongue Dragon

《暴虐の覇王アスマディ》は確かに強いカードに見えるな。自分も相手もプレイヤーも生贄に捧げないとはいえ、それを自分が選べるというのはとても大きい。緑には《楽園の贈り物》があって、《茨の副官》マナの注ぎ込み先になるから、初手ともうまく合ってくれる。他の選択肢は《返報》で、白緑でいくのなら欲しいカードだ。《電光吠えのドラゴン》手堅いピックに見えるね。この中では無難な選択で、特に要求が少ない……つまり赤いデッキなら大体仕事をしてくれるカードだ。初手のミッドレンジ戦略と合うから、《電光吠えのドラゴン》をピックするよ。

各プレイヤーの選択:

Goblin InstigatorMirror ImageVaevictis Asmadi, the DireSparktongue Dragon

3手目

mtgVine MareBrawl-Bash OgreGargoyle SentinelEssence Scatter Invoke the DivineStrangling SporesSmeltScholar of StarsCavalry Drillmaster Tormenting VoicePlummetSkymarch BloodlettermtgTimber Gorge

ルイス・サルヴァット

Pick
Brawl-Bash Ogre

トークンと相性が良いし、まともな肉体も持っている。黒は空いてるみたいだけど、すでに除去を2枚も回してしまったことは覚えておこう。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Strangling Spores

ここで改めて、信頼できる除去が追加されました《流血の空渡り》《蔦草牝馬》を回すのは嫌ですけどね!

ティアゴ・サポリート

Pick
Vine Mare

呪禁はリミテッドだと「何か間違っているんじゃないか?」っていう働きをしてくれるから、ここで呪禁持ちをピックできるのは嬉しいね。

ピエール・ダジョン

Pick
Gargoyle Sentinel

俺にとってのベストな2枚は明確で、《束縛の胞子》《ガーゴイルの歩哨》だ。《束縛の胞子》は見た目より良い動きをすると思うけど、ゆっくりなデッキが好きだから、《ガーゴイルの歩哨》が手堅いカードだったことも覚えている。この2枚だと間違いなく弱い方だし、このピックで黒を流すことになるわけだけど、柔軟性を保持することに価値があると思うよ。《ガーゴイルの歩哨》が俺のピックだ。

各プレイヤーの選択:

Brawl-Bash OgreStrangling SporesVine MareGargoyle Sentinel

4手目

Crucible of WorldsEnigma DrakeMilitia BuglermtgCatalyst Elemental ManalithHired BladeOmenspeakerDwindleDaggerback Basilisk Trumpet BlastTitanic GrowthmtgmtgIsland

ルイス・サルヴァット

Pick
Hired Blade

赤黒に留まっておこう。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Dwindle

初めの4手を除去3枚でスタートできたのは嬉しいですね! そろそろマナカーブを埋めはじめる頃合いでしょうか。

ティアゴ・サポリート

Pick
Manalith

《短刀背のバジリスク》があるけど、多色を組むつもりだから《マナリス》が無難かな。

ピエール・ダジョン

Pick
Dwindle

このパックはそこまで良くないかな。《奇怪なドレイク》《民兵のラッパ手》《萎凋》がベストだけど、初手と噛み合うカードがない。緑のカードを選ぶとすれば、唯一の選択肢は《短刀背のバジリスク》だが、4手目で取るほどじゃないかな。少し余裕をもって、これまでの2ピックと噛み合う《萎凋》を取ることにするよ。

各プレイヤーの選択:

Hired BladeDwindleManalithDwindle

PICK 5

Detection TowerNightmare's ThirstVolcanic DragonmtgCancel NaturalizeKnight's PledgeExplosive ApparatusStar-Crowned StagEpicure of Blood Salvager of SecretsmtgmtgmtgSubmerged Boneyard

ルイス・サルヴァット

Pick
Volcanic Dragon

単純にとても強いカードだ。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Salvager of Secrets

このカードは良さそうですね! デッキに噛み合いそうですし、2色を決め打つのは嫌ですが、これだけ強いカードならいいんじゃないでしょうか。

ティアゴ・サポリート

Pick
Volcanic Dragon

このカードはとても良さそうだから、赤緑タッチ黒にしても良いかもしれないね。

ピエール・ダジョン

Pick
Volcanic Dragon

《火山のドラゴン》《星冠の雄鹿》、弱めの選択肢で《秘密の回収者》があるけれど、緑のカードはない。《秘密の回収者》でデッキを組み始めるには少し遅いが、5手目に《火山のドラゴン》というのはピッタリだから、喜んで取るよ

各プレイヤーの選択:

Volcanic DragonSalvager of SecretsVolcanic DragonVolcanic Dragon

6手目

mtgRupture SpireSatyr EnchantermtgLoxodon Line Breaker AnticipateElvish RejuvenatorTrusty PackbeastSmeltWall of Mist Vampire NeonatemtgmtgmtgMountain

ルイス・サルヴァット

Pick
Rupture Spire

色を散らす場合に備えておこう。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Rupture Spire

このあとで手に入るかもしれない強いカードをタッチできるようになるとにかく強い土地ですね。

ティアゴ・サポリート

Pick
Rupture Spire

特に面白そうなカードはないから、多色土地を取っておくよ

ピエール・ダジョン

Pick
Rupture Spire

《信頼できる荷役獣》を取るには少し遅いかもしれないが、選択肢を残しておく意味で取ってもよかったかな。ただ《断ち割る尖塔》を取れば幅がもっと広くなるし、後々多色のカードをタッチしたくなることが多いので、こちらの方がより良い選択肢だと思う。

各プレイヤーの選択:

Rupture SpireRupture SpireRupture SpireRupture Spire

7手目

mtgKnightly ValormtgmtgMind Rot Boggart BruteDisperseShockThornhide WolvesField Creeper Wall of MistmtgmtgmtgHighland Lake

ルイス・サルヴァット

Pick
Boggart Brute

俺にとってはベストなコモンのゴブリンだ《騎士の勇気》は注目すべき1枚で、すごく強いカードだよ。こんな順目で見ることになるとは思わなかったな。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Knightly Valor

このカードは、こんな遅い順目にいるべきではありません!すごく強くて、簡単にタッチできます。ぜひ来てほしいカードです。

ティアゴ・サポリート

Pick
Boggart Brute

安定の3マナカードだ。

ピエール・ダジョン

Pick
Boggart Brute

新環境で《騎士の勇気》がどれだけ強いかは、まだ分からない。環境の除去で強さが大きく左右されるけれど、いずれにせよ悪くなることはないかもしれないな。それでも《ボガートの粗暴者》っていうプレイアブルなカードがあって、赤はこの時点で使いたいと分かっている色だこの時点でピックできて嬉しいし、どの2色目にも選択肢が残せる。《ボガートの粗暴者》だ。

各プレイヤーの選択:

Boggart BruteKnightly ValorBoggart BruteBoggart Brute

8手目

Phylactery LichmtgmtgmtgChild of Night Rustwing FalconWall of VinesInspired ChargeLava AxeDuress mtgmtgmtgmtgSwamp

ルイス・サルヴァット

Pick
Child of Night

良い2マナのカードだ。

クリスティアン・カルカノ

Pick
Child of Night

『ドミナリア』ではたくさんの強いエンチャントやアーティファクトが収録されていたので、これが入っているのは落ち着きますね。他はそこまで魅力的じゃないので、今はこのカードをしっかり掴んでおきましょう。

ティアゴ・サポリート

Pick
Child of Night

緑も赤もいいのがないし、もし黒が空いているなら黒緑タッチ赤を作れるかもしれないけど、今のところ赤いピックが多いから赤緑タッチ黒にするかもね。

ピエール・ダジョン

Pick
Child of Night

俺が欲しいのは何も残ってない。多分《夜の子》をピックすると思うけど、黒は2パック目で何も流れてこなさそうだな。

各プレイヤーの選択:

Child of NightChild of NightChild of NightChild of Night

それぞれのピックまとめ

ルイス・サルヴァット

Volley VeteranGoblin InstigatorBrawl-Bash OgreHired Blade Volcanic DragonRupture SpireBoggart BruteChild of Night

クリスティアン・カルカノ

Lich's CaressMirror ImageStrangling SporesDwindle Salvager of SecretsRupture SpireKnightly ValorChild of Night

ティアゴ・サポリート

Thorn LieutenantVaevictis Asmadi, the DireVine MareManalith Volcanic DragonRupture SpireBoggart BruteChild of Night

ピエール・ダジョン

Thorn LieutenantSparktongue DragonGargoyle SentinelDwindle Volcanic DragonRupture SpireBoggart BruteChild of Night

まとめ

4人とも、「初手が悩ましい選択だった」という意見が一致してますね。それぞれのカードの強さは環境にあるカードと速度によって変化します。誰が一番正しいピックに近かったのか、楽しみですね。

それでは、また次回お会いしましょう!

ジェレミー・デザーニ

オススメの商品

関連記事