晴れる屋

記事トップ > Hareruya Pros Blog > Hareruya Prosと一緒にドラフトしよう!~RIX編Part4~

Hareruya Prosと一緒にドラフトしよう!~RIX編Part4~

2018/03/09 00:00 

    • Jeremy Dezani
    • Hareruya Pros Blog

Translated by Atsushi Ito

原文はこちら
(掲載日 2018/03/09)

今回も新セット『イクサランの相克』環境のドラフトをやっていきましょう。

ドラフトの最初の8手をシミュレートし、4名のHareruya Prosに何をピックするか答えてもらいます。

本日参加してくださるProsはこちらの方々です!

(彼らのプロフィールや詳細はこちら!)

彼らが同じ選択を行うのか、それとも違った選択なのか、ピックを見るのがとても楽しみですね。

初手

Dire Fleet DaredevilArterial FlowPride of ConquerorsStorm Fleet SwashbucklerFathom Fleet Boarder Luminous BondsOrazca RelicDusk Legion ZealotVoracious VampireSoul of the Rapids Sanguine GlorifierHardy VeteranBuccaneer's BravadoGrasping ScoundrelPlains

高橋 優太

Pick
Luminous Bonds

非常に悩ましいパック。赤の優秀な2マナが2種類ありどちらも強い。普通は優秀な2マナ域は除去よりも優先するが、パック内に1周しそうな吸血鬼パーツが多いので9手目に期待するのと、最悪でもタッチで使えることを考えて《光明の縛め》

マーティン・ミュラー

Pick
Dire Fleet Daredevil

2マナ2/1先制攻撃というだけでも既に強力ですが、ETB能力のおかげでゲーム後半においても腐ることがない優秀なカードです。

井川 良彦

Pick
Luminous Bonds

汎用的かつ優秀な除去なので《光明の縛め》をピックします。《凶兆艦隊の向こう見ず》と悩みましたが、「海賊」向けのカードがパック内に多く卓内の複数人が選びそうなので、なるべく赤黒の方向性は避けたいなと。

ピエール・ダジョン

Pick
Dire Fleet Daredevil

このパックはたくさんのプレイアブルカードで溢れている (その大半は黒だ) が、ここでの候補は《凶兆艦隊の向こう見ず》《光明の縛め》になるだろう。俺はこの環境では赤より白の方が好みだが、《凶兆艦隊の向こう見ず》はアグロ/コントロールを問わず活躍する上にタッチも容易で、カードパワーとしてはこちらが勝っている。これを最初にピックしておくことで《復活》のようなカードを拾いやすくなって、そうすればこのカードをさらに強く使えるよな。

各プレイヤーの選択

2手目

mtgReaver AmbushForerunner of the EmpireDire Fleet NeckbreakerCrashing Tide Squire's DevotionSecrets of the Golden CityNaturalizeSworn GuardianVoracious Vampire MutinyGleaming BarrierSwaggering CorsairSoul of the RapidsForest

高橋 優太

Pick
Dire Fleet Neckbreaker

《帝国の先駆け》《凶兆艦隊の首折り》と強力な赤アンコモン2種。早速《凶兆艦隊の向こう見ず》を流したことを後悔するが、強い赤黒海賊になれる可能性も考えて《凶兆艦隊の首折り》をピック。マルチカラーのアンコモン、ロード三種類は決断が早ければ早いほど強いデッキになりやすい。流れが悪ければキッパリと諦める。

マーティン・ミュラー

Pick
Dire Fleet Neckbreaker

アンコモン3枚からの3択になることは明らかですね。これほど早くマルチカラーのカードをピックしたくはないのですが、単純にパック内で最も強力ですし、初手のカードとも噛み合っています。

井川 良彦

Pick
Reaver Ambush

1パック目で《凶兆艦隊の向こう見ず》を選んでいれば悩まず《凶兆艦隊の首折り》を取っていましたが、ここは住み分けのために《略奪者の急襲》で。2ピック連続で除去を取ったこともあり、ミッドレンジ~コントロール寄りの方向性になりそうですね。

ピエール・ダジョン

Pick
Dire Fleet Neckbreaker

まず、見た目ほどイージーなピックではないということは言っておく。《凶兆艦隊の首折り》はアグレッシブなマナカーブが形成できたときのみ強いカードで、しかもその上でこれ自体は4マナ域としては少々頼りないサイズとなっている。だが他方で、初手でピックした《凶兆艦隊の向こう見ず》との組み合わせはバケモノじみているし、今後流れてくる《連合の先駆け》がすべて爆弾カードになるって考えられるようになるわけだ。加えて、他の選択肢があるとすれば《略奪者の急襲》だが (《反逆》は使いたくないカードだ)、どうせ黒いカードをピックするなら最大値が大きい方をピックしたいね。

各プレイヤーの選択

3手目

mtgOathsworn VampireHighland LakeMausoleum HarpyStampeding Horncrest Moment of TriumphOvergrown ArmasaurVampire RevenantSwaggering CorsairDivine Verdict Sailor of MeansDinosaur HunterJade BearermtgSwamp

高橋 優太

Pick
Mausoleum Harpy

単純な性能で《霊廟のハーピー》。「昇殿」すればゲームを決めうるカード。

マーティン・ミュラー

Pick
Dinosaur Hunter

このパックは最悪ですね。仕方なく2マナ域をピックしておきます、もし赤黒になった場合大量の2マナ域が必要になる一方で、赤黒はまともな2マナ域が集めづらいからです。

井川 良彦

Pick
Mausoleum Harpy

優秀なフライヤーをここで確保。おそらく下家は《恐竜ハンター》を取って赤黒海賊一直線でしょう。

ピエール・ダジョン

Pick
Dinosaur Hunter

弱いパックで、他の色に行きたいと思えるカードもない。今のところは海賊ベースを維持することにしつつ、汎用性の高い (別に青黒コントロールに入れたって遜色ない) 2マナ域を、より受けが狭い《意気がった海賊》よりも優先してピックしておこう。

各プレイヤーの選択

4手目

mtgStorm Fleet SprinterAquatic IncursionmtgFanatical Firebrand Overgrown ArmasaurWaterknotMartyr of DuskDivine VerdictDark Inquiry Sun-Collared RaptorShatterOrazca FrillbackmtgIsland

高橋 優太

Pick
Martyr of Dusk

この順手でコモントップの優秀な2マナ域が取れるなら、白が空いていることに期待できる。次点で《風雲艦隊の疾走者》

マーティン・ミュラー

Pick
Waterknot

他にマシな候補があるとすれば《風雲艦隊の疾走者》くらいですが、僕は《水結び》の方をピックします。

井川 良彦

Pick
Martyr of Dusk

守りに長けた、優秀な2マナ域がこの順目で取れて嬉しいです。このまま白黒の方向に進みたいですね。

ピエール・ダジョン

Pick
Waterknot

青のトップコモンの1枚が流れてきたし、赤と黒で目ぼしいカードもないので、ここは手広く構えておこう。

各プレイヤーの選択

5手目

mtgCrested HerdcallermtgmtgRaptor Companion Evolving WildsBrazen FreebooterExultant SkymarcherSquire's DevotionHardy Veteran Giltgrove StalkerAggressive UrgeFathom Fleet BoardermtgForest

高橋 優太

Pick
Exultant Skymarcher

5手目で取れると嬉しいカード。《従者の献身》も残っており、白と緑が空いているのだろうか。

マーティン・ミュラー

Pick
Crested Herdcaller

これまでの流れとは全然違う色だとしても、これほどの強力カードが遅く拾えるのはありがたいものです。《深海艦隊の移乗要員》という安全な選択肢があるにしても、ここでこのカードを流すのは間違いだと思います。

井川 良彦

Pick
Exultant Skymarcher

強力なアンコモンである《冠羽の群れ使い》が流れてきたことにより緑がガラ空きなのがわかりました。ですが、ここは手を出したくなるのをグッとこらえて《薄暮まといの空渡り》をピック。デッキの方向性にも合っています。

ピエール・ダジョン

Pick
Fathom Fleet Boarder

一番の悩み所が来てしまった。緑が空いていることは明らかで、逆に赤はおそらく混んでいるのだろう。《冠羽の群れ使い》をピックしたいところだが、《深海艦隊の移乗要員》の方は現状取れば必ずデッキに入るだろう手堅いカードと言える。ここはプレイアブルなカードの最低枚数を確保するために「黒系海賊」という軸は捨てずに、2色目として青と赤を比較してあぶれた方はおそらく宝物・トークンでタッチするような形を模索したい。

各プレイヤーの選択

6手目

mtgStorm Fleet SwashbucklermtgmtgVoracious Vampire Sanguine GlorifierGoblin TrailblazerSworn GuardianBrazen FreebooterSun-Crested Pterodon Fanatical FirebrandDusk Legion ZealotmtgmtgMountain

高橋 優太

Pick
Sun-Crested Pterodon

「チキン」は1枚でゲームを決めうるのに、本当に過小評価されているカード。 これを乗り越えられるクリーチャーはコモンでほとんど居ない。白は確定させよう。同パックに赤の強い2マナ域2種があり下が赤になるため、赤参入は難しそう。

マーティン・ミュラー

Pick
Goblin Trailblazer

とても強力な2マナ域ですね。先ほどのピックを早速ちょっと後悔しています。3手目と4手目のパックを見た時点では、すんなり赤黒に進んでいいか自信が持てなかったのです。

井川 良彦

Pick
Sun-Crested Pterodon

赤もガラ空きで、1-1を少し悔やみたくなりました。ですが、白黒の流れもそこまで悪くありません。吸血鬼の完成形になるのであれば《鮮血の賛美者》の方が良いですが、現状はそうでもないので、受けが広い《太陽冠のプテロドン》を取ることにします。

ピエール・ダジョン

Pick
Goblin Trailblazer

打って変わって潤いに満ちたパックだな、赤系の海賊がガラ空きだ (他方でタフな赤系カードについてはおそらくその限りではないのだが)。ここが分岐点で、俺は初手の《凶兆艦隊の向こう見ず》を最も強く使える黒赤アグロに進めるという感触を得た。そうした明確な方向性を持って見る限り、カードパワーはより強力とはいえあまり方向性に噛んでいない《風雲艦隊の剣客》よりも《ゴブリンの先駆者》をピックしようと思う。

各プレイヤーの選択

7手目

mtgImperial CeratopsmtgmtgOrazca Relic Sworn GuardianTraveler's AmuletRecoverGleaming BarrierTilonalli's Crown Cleansing RaymtgmtgmtgForest

高橋 優太

Pick
Cleansing Ray

パックが弱いので、サイドカードをピック。サイドカードとしては非常に優秀。もし君の卓に《不敬の行進》《ハダーナの登臨》が合計2枚以上出ているならメインに入れよう。

マーティン・ミュラー

Pick
Tilonalli's Crown

特に欲しいカードがありませんでした。とはいえこのカードは《海賊の示威》ととても良く噛み合いますし、環境にはかなりタフネス1が多いところ、それらを除去することもできます。

井川 良彦

Pick
Recover

コントロール寄りのデッキになりそうなので、喜んで《復活》をピック。

ピエール・ダジョン

Pick
Recover

最初の方で述べたように、《凶兆艦隊の向こう見ず》《凶兆艦隊の首折り》《復活》でサポートしてやることで安定した動きが実現できる。他の選択肢が微妙な中ではまずまず良い拾い物だろう。

各プレイヤーの選択

8手目

Awakened AmalgamJungle CreeperPitiless PlunderermtgMoment of Triumph Swaggering CorsairDark InquirySea LegsNaturalizemtg mtgmtgmtgmtgSwamp

高橋 優太

Pick
Swaggering Corsair

相手が《原初の死、テジマク》入りなら《闇の尋問》は欲しいが、正直いつでも取れる。となると《意気がった海賊》《ジャングルの化け蔓》のどちらかだが、緑黒になることはほとんどないし赤をサービスし過ぎることもないのでここは《意気がった海賊》。さて、9手目で吸血鬼パーツが帰ってこなかったらヤバいな。

マーティン・ミュラー

Pick
Swaggering Corsair

これは悩む余地がありませんね。《意気がった海賊》以外のカードはどれも全くもって不要ですし、マナカーブを埋めるまずまずのクリーチャーが取れてラッキーです。

井川 良彦

Pick
Swaggering Corsair

サイドボード用に《闇の尋問》を取るか悩みましたが、下家を強くしすぎないために、《意気がった海賊》をカットすることにしました。

ピエール・ダジョン

Pick
Swaggering Corsair

《ジャングルの化け蔓》が流れてきたことで「あそこで《冠羽の群れ使い》を取っていれば」という思いが頭をよぎるけれども、まあ過ぎたものは仕方がない。《意気がった海賊》は俺が目指している黒赤海賊なら悪くないカードだし、他に別のプランへ渡りを付けられるようなカードも見当たらないしな。

各プレイヤーの選択

それぞれのピックまとめ

高橋 優太

Luminous BondsDire Fleet NeckbreakerMausoleum HarpyMartyr of Dusk Exultant SkymarcherSun-Crested PterodonCleansing RaySwaggering Corsair

マーティン・ミュラー

Dire Fleet DaredevilDire Fleet NeckbreakerDinosaur HunterWaterknot Crested HerdcallerGoblin TrailblazerTilonalli's CrownSwaggering Corsair

井川 良彦

Luminous BondsReaver AmbushMausoleum HarpyMartyr of Dusk Exultant SkymarcherSun-Crested PterodonRecoverSwaggering Corsair

ピエール・ダジョン

Dire Fleet DaredevilDire Fleet NeckbreakerDinosaur HunterWaterknot Fathom Fleet BoarderGoblin TrailblazerRecoverSwaggering Corsair

まとめ

以前の記事でも述べたように、経験する機会が少なくなりがちなこともあり、レアや神話レアを正しく評価することは時に困難です。もちろん《凶兆艦隊の向こう見ず》が強力なカードであることは議論の余地がないでしょう。しかし問題は、《光明の縛め》というトップクラスのコモンと比べてもなお良い選択肢と言えるのかという点にあるのです。

Dire Fleet DaredevilLuminous Bonds

これについては私たちProsと同様、一般的にも意見が割れているようです。

また次の記事で会いましょう。

ジェレミー・デザーニ

この記事内で掲載されたカード

関連記事