晴れる屋

記事トップ > コラム > Player Focus -パスカル・メイナード-

Player Focus -パスカル・メイナード-

2017/09/22 00:00 

    • 晴れる屋メディアチーム
    • コラム

by Jeremy Dezani
Translated by Kazuki Watanabe

原文はこちら
(掲載日 2017/09/15)

「プレイヤーフォーカス」へようこそ!

「プレイヤーフォーカス」は、世界に名立たるマジックプレイヤーにインタビューする企画です。日本のみなさん、そして世界中へ彼らの事を広めていきたいと思っています。毎回違うプレイヤーを紹介しますので、楽しみにしてくださいね!

今回は、グランプリ・京都2017で見事Top8に入賞を果たしたカナダのプレイヤー、パスカル・メイナード(@PascalMaynard)にインタビューしました。

彼はまだまだ若いプレイヤーではありますが、多くの実績を持っています。彼にまつわる一番有名な話といえば、グランプリ・ラスベガスのモダンマスターズを使用した決勝ドラフトにて《タルモゴイフ》のフォイルを引き当てたラッキーマン、というエピソードでしょう。

インタビュー

氏名: Pascal Maynard
年齢: 24
国籍: カナダ
スポンサー: ChannelFireball.com
現在 / 生涯 プロポイント: 211
プロレベル 2017-2018: ゴールド

職業 / マジック以外の趣味:

パーティーの専門家。

マジックを始めたのはいつ? どのセット? マジックを知ったきっかけは?

始めたのは『フィフスドーン』が出たころだけど、のめりこんで大会に出始めたのは『神河』ブロックだ。とあるゲームショップに入り浸って色々なゲームを触ってみたけど、マジックのみが俺の心に訴えかけてくれた。

当時のコミュニティーはみんな俺より年上で、大人だったんだが、どういうわけか彼らと仲良くなれたんだ。

プロプレイヤーになるまでに、あなたに一番影響与えた有名プレイヤーは?

アントワン・ルーエルだね。俺が初めてマジックの公式ホームページを訪れたとき、彼がプロツアーで優勝し、賞金のボードを持っているのを見たんだ。この世界にどっぷりハマるのに十分だった。

これまでの実績:

プロツアートップ8: 1

グランプリトップ8: 13(優勝は2回)

その他: カナダの国別選手権2010、Top8。フォイルの《タルモゴイフ》、愛してるよ。

好きな日本人選手とその理由:

八十岡 翔太かな。彼はテクニカルなプレイヤーとして歴代一位だよ。彼の才能がゲームの発展をとても速くしてくれる。俺の想像を完璧に吹っ飛ばしてくれるよ。

選外のプレイヤーを挙げていいなら、齋藤 友晴と津村 健志だな。陽気なパーティー仲間だ!

お気に入りのフォーマットとその理由:

ドラフトだね。 俺はテクニカルなプレイでは他のプロプレイヤーよりも少し劣っていると思っている。準備やデッキ構築の段階が重要なフォーマットで自分を生かせると思っている。

現時点のドラフトでお気に入りのアーキタイプとその理由:

青赤。単純に、このアーキタイプが使っていて本当に楽しいというのもあるが、最高のアーキタイプだと思っている。ただ、俺はなんでもドラフトするよ! 今の環境は信じられないくらい健全だからね。

お気に入りのデッキ:

スタンダード: ランプ
モダン: 親和
レガシー: ティムール・デルバー

アグレッシブやコントロール、ミッドレンジやコンボなどでお気に入りはありますか? また、それはなぜ?

アグレッシブ。とにかく、手札にある呪文はすべて使い切りたい。だから、デッキに採用する呪文は、主に低いマナコストのものを好むよ。

フォーマットを問わず、今現在、特に気に入っているデッキは何ですか?

モダンの、フェアリーだ。


パスカル・メイナード「フェアリー」

3《島》
1《沼》
2《湿った墓》
4《汚染された三角州》
1《沸騰する小湖》
1《溢れかえる岸辺》
4《忍び寄るタール坑》
4《闇滑りの岸》
4《変わり谷》

-土地 (24)-

4《瞬唱の魔道士》
4《呪文づまりのスプライト》
1《黄金牙、タシグル》

-クリーチャー (9)-
4《祖先の幻視》
4《致命的な一押し》
3《コジレックの審問》
4《差し戻し》
4《謎めいた命令》
4《苦花》
4《ヴェールのリリアナ》

-呪文 (27)-
4《集団的蛮行》
4《虚空の力線》
3《儀礼的拒否》
2《英雄の破滅》
1《地盤の際》
1《ワームとぐろエンジン》

-サイドボード (15)-
hareruya


コジレックの審問汚染された三角州ヴェールのリリアナ差し戻し

とても優れたデッキだとは言えないかもしれないが、《死の影》に勝てる。なにより、このデッキはとにかく回していて楽しいんだ。

高橋 優太は本当に良くこのデッキを仕上げたな、と思っているよ。

変わり谷瞬唱の魔道士致命的な一押し忍び寄るタール坑

1パック目の1手目、どれをピックしますか?

霰炎の責め苦至高の意志立身+出世熱烈の苦悶術師エリマキサンドワラ 不屈の砂漠かすむ刀剣呻きの壁呪文織りの永遠衆ロナスの重鎮 デジェルの拒絶旅行者の護符金色のセロドン忌まわしい生き残り

《熱烈の苦悶術師》。このカードはとても素晴らしい。付け加えるなら、赤白は好きなアーキタイプでもある。

熱烈の苦悶術師

このアーキタイプは《不屈のエイヴン》《英雄的行動》と組み合わせることが多い。

つい先日、グランプリ京都でトップ8入賞を果たしましたね。このグランプリで日本のプレイヤーと対戦したときの印象や、日本の大会について感想はありますか?

非常に感銘を受けたよ。日本のプレイヤーとは、たしか4人くらい対戦したかな。《発射》を上手く利用して、見事に立ち回っていた対戦相手とのマッチは、特によく覚えている。

日本のプレイヤーはとにかくきっちりとしたプレイをする印象がある。最善のプレイを、最善のタイミングで行っている、という感じだ。攻撃のタイミングも見事だよ。

そういえば、一つ驚きのマッチもあった。相手のデッキに《無慈悲》が入っていたんだが、こっちは《圧倒的輝き》をエンチャントした。すごい戦いだったね。

対戦中も、終わったあとも親切丁寧。それは町中でも変わらなかった。グランプリ、そしてプロツアーを含めて、滞在中はとにかく良い印象しか持っていないよ。次に行けるのはいつになるかは分からないが、もっとみんなと話をしたり、対戦をしたりしたいね。晴れる屋に行けば、毎日大会があるんだろう? 素晴らしい! これを読んでくれている人と、ドラフトで同じポッドになるかもしれないね!

この記事内で掲載されたカード

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事