晴れる屋

記事トップ > 準々決勝: 樋口 証(神奈川) vs. 石川 翔(東京)

準々決勝: 樋口 証(神奈川) vs. 石川 翔(東京)

2017/03/13 00:00 

By Atsushi Ito


 「3強」と呼ばれるスタンダードでも、デッキビルダーたちはアイデアを凝らし、オリジナリティを表現している。

 「《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を使いたい、でも《キランの真意号》を持っていないというところから構築をスタートした」と語る樋口のデッキは、《キランの真意号》のスロットに《難題の予見者》《大天使アヴァシン》を投入し、重めに調整されたマルドゥバリスタ《キランの真意号》が入っていない分、相手の《致命的な一押し》が効きづらい構成になっているのがポイントだ。

 一方、「尊敬するプレイヤーはCraig Wescoe(無類の白好きで有名なプロプレイヤー)」という石川はまるで『ゲートウォッチの誓い』からタイムスリップしたかのような白単エルドラージを使用している。《スレイベンの検査官》《キランの真意号》《異端聖戦士、サリア》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》《大天使アヴァシン》が4枚ずつ並ぶマナカーブと、一切タップインする余地のない土地部分が美しいリストだ。

 奇しくも《難題の予見者》を採用し、そして同時にトップ8に入った者同士の対決。勝って準決勝へと駒を進めるのは、どちらのデッキビルダーか。



Game 1


 先手の石川が《キランの真意号》を送り出すと、樋口はこれに対して《歩行バリスタ》を設置するしかできないが、石川の次のアクションは《スレイベンの検査官》で「搭乗」できず、手がかり用のマナを構えるのみ。これを見た樋口も《乱脈な気孔》をタップインで、2マナを構える。

 ならばと返すターン、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を「+1」しつつ忠誠度で《キランの真意号》に「搭乗」して殴りに行く石川だが、ここには《致命的な一押し》が飛び、さらに次のターンには《スレイベンの検査官》への《無許可の分解》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を落とされてしまう。

 だが二の矢が折られたなら三の矢を繰り出すまで。石川の次の手は、《難題の予見者》
難題の予見者
 だが、明らかになった樋口の手札も《難題の予見者》《難題の予見者》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》というもの。仕方なく返しのアクションを固定するため《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を抜き去る石川だったが、樋口の次のアクションは《難題の予見者》……と思いきや《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》

石川「あれ?」

 追放領域にはしっかり《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》がいる。これも手札破壊の妙味だ。

 ともあれ、返しの石川は2体目の《難題の予見者》で2枚の《難題の予見者》のうちの1枚を抜き去る。樋口も《難題の予見者》《異端聖戦士、サリア》《停滞の罠》《次元の歪曲》というラインナップから《停滞の罠》を追放。これで一時的に互いの手札が公開情報となった。

 石川は2体の《難題の予見者》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の忠誠度を削りにいくが、樋口はうち1体を《歩行バリスタ》でチャンプブロック、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の忠誠度を残すと、返すターンには《難題の予見者》とともに9点アタック。リソースを犠牲にしてまでも石川のライフを攻め立てる。



樋口 証


 その答えは、《難題の予見者》を受けた後に引き込んだ樋口の残り手札にあった。いよいよ《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を落とされた石川のターン、エンド前に降臨するのは《大天使アヴァシン》

 石川のライフは6点、ちょうど2回のアタックで終わる。アンタップし、天使を勢いよくレッドゾーンに送り込む……が、トップデッキをしていたのは樋口だけではなかった。

 石川が唱えたのは、先ほど《難題の予見者》に追放されたはずの《停滞の罠》
大天使アヴァシン 停滞の罠
 この意趣返しで《大天使アヴァシン》を失い、石川のライフを削る算段がなくなってしまった樋口は、その後も《乱脈な気孔》を駆使して生き残るターンを伸ばそうとするのだが、《繁殖苗床》から出たトークンが《キランの真意号》に「搭乗」しつつ、第2メインに《霊気圏の収集艇》を呼び出すと、


樋口 0-1 石川



Game 2


 樋口の《歩行バリスタ》に対し《キランの真意号》と、ちょうど1ゲーム目の先後を入れ替えた形でゲームが始まる。

 3マナを構えた樋口に対し、石川は《異端聖戦士、サリア》をプレイして「搭乗」で4点アタック。これをスルーした樋口は、エンド前に《異端聖戦士、サリア》《空鯨捕りの一撃》を打ち込む。

 さらに《歩行バリスタ》「X=2」の返し、石川はなおも《変位エルドラージ》で「搭乗」して《キランの真意号》での2度目の攻撃を成功させるが、返す樋口は《変位エルドラージ》《無許可の分解》でダメージレースの構え。サイド後は《キランの真意号》に乗れるカードは少なくなっているという読みか、執拗に石川のクリーチャーを除去していく。



石川 翔


 だが、5マナを立ててエンドした石川に対する《歩行バリスタ》2体でのアタックは《大天使アヴァシン》に阻まれ、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》をプレイして即「+1」で忠誠度を守るものの、石川の残りライフ9点はまだ遠い。

 さらに次のターンの《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》のアタックを《キランの真意号》でチャンプブロックされると、《大天使アヴァシン》が「変身」してしまう。

 アタックを受け、樋口の残りライフは6点。返すターンに《乱脈な気孔》でライフゲインを試みるが、石川の《繁殖苗床》がそれすらも許さないのだった。


樋口 0-2 石川



この記事内で掲載されたカード

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする