晴れる屋

記事トップ > 準々決勝: 荒井 勇輔(東京) vs. 川上 紘司(静岡)

準々決勝: 荒井 勇輔(東京) vs. 川上 紘司(静岡)

2017/03/13 00:00 

By Hiroshi Okubo

 長かったスイスラウンド7回戦を終えて、ついに幕を開けたトップ8トーナメント。

 ここで相見えるのは「白黒ミッドレンジ」操る荒井 勇輔(東京)と「ジャンド昂揚」操る川上 紘司(静岡)。奇しくもオリジナルデッキ同士のマッチアップとなったこのマッチ、勝利を収めるのはどちらになるのか――!?

荒井 勇輔 vs. 川上 紘司
荒井 勇輔(東京) vs. 川上 紘司(静岡)

Game 1

 先攻の川上が《残忍な剥ぎ取り》をプレイし、荒井が《致命的な一押し》で処理するスタート。ならばと第3ターンに川上が次なる脅威である《巻きつき蛇》を戦場に送り込むと、荒井が手を止めて数秒逡巡する。

巻きつき蛇苦渋の破棄

 やがてプレイしたのは《苦渋の破棄》。3点のライフと引き換えに厄介な《巻きつき蛇》を除去するが、返す川上が新たに呼び出したのは《歩行バリスタ》「X=2」!

 荒井はこれに対抗すべく《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を出してトークンを追加するも、川上の《無許可の分解》がトークンもろとも《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の忠誠度を大きく削り、続くコンバットフェイズに《歩行バリスタ》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を沈める。

荒井 勇輔
荒井 勇輔

 荒井も負けじと《最後の望み、リリアナ》と追加の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》をプレイして盤面のリードを取り戻そうと奮闘するが、川上からも2枚目の《巻きつき蛇》が戦線に追加され、《歩行バリスタ》を一挙に巨大に育てて荒井のプレインズウォーカーたちを蹴散らす。

 荒井がプレインズウォーカーをプレイすれば川上が全力で落としにかかり、川上が攻勢を仕掛ければ荒井も《乱脈な気孔》《無私の霊魂》でのらりくらりと躱す。一進一退の攻防が続き、このままじりじりと消耗戦に突入するか……。

 そう思われた矢先、川上の引き込んだ1枚のカードが突如として状況を一変させた。

川上《新緑の機械巨人》通ります?」

新緑の機械巨人

 除去を持たない荒井に突き付けられた悪夢のような一言。ここまで生き延びてきた《巻きつき蛇》がその真価を発揮し、川上の戦線が一挙に二回り以上膨れ上がる。

 万事休す。《乱脈な気孔》の防衛線も吹き飛ばされ、身を守るものがなくなった荒井が川上に先勝を譲ることとなった。

荒井 0-1 川上

Game 2

 先攻の荒井がタップインを処理している隙に川上が《屑鉄場のたかり屋》をプレイ。そのままクロックを刻み始める好スタートを切る。

屑鉄場のたかり屋

 川上が追加した《残忍な剥ぎ取り》には《致命的な一押し》を合わせることができたものの、《屑鉄場のたかり屋》に対する解答を持ち合わせていない荒井は《屑鉄場のたかり屋》が戦場を駆け抜ける様子を見守ることしかできない。

 さらに川上がプレイしたのは《豪華の王、ゴンティ》

豪華の王、ゴンティ

 第1ゲームで大量のプレインズウォーカーを見ていた川上は荒井のライブラリートップから迷うことなく《苦渋の破棄》を奪い、荒井がブロッカーとしてプレイした《大天使アヴァシン》には迷うことなく《無許可の分解》を撃ち込む。

 さらに2枚目の《残忍な剥ぎ取り》までもが戦場に追加されると、荒井はいよいよ後がなくなってしまう。

川上 紘司
川上 紘司(静岡)

 絶え間ないクリーチャーの連打を捌ききることができず、いつの間にか荒井のライフは4まで落ち込んでいた。やがて川上がダメ押しの《歩行バリスタ》までをもプレイし一斉攻撃の号令をかけると、「ジャンド昂揚」の弾幕が荒井を飲み込むこととなった。

荒井 0-2 川上

この記事内で掲載されたカード

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする