晴れる屋

記事トップ > コラム > 週刊デッキウォッチング vol.97 -星原コントロール-

週刊デッキウォッチング vol.97 -星原コントロール-

2016/12/16 00:00 

    • 伊藤 敦
    • コラム


 マジックの華は、デッキリストだ。

 そのデッキに込められた意思を汲み取ろうとするとき、75枚の物言わぬ文字列はしかし、何よりも雄弁に製作者の心情を物語ってくれる。

 だから、デッキリストを見るということは。

 そのデッキを作った人物について、より深く知ろうとする行いに等しいのだ。



 この連載は【晴れる屋のデッキ検索】から毎週面白そうなデッキを見つけて、各フォーマットごとに紹介していく、というものだ。

 もし気に入ったデッキがあれば自分で作って試してみてもいいし、Magic Online用のtxtフォーマットでダウンロードすることも可能だ。

 それでは、それぞれのフォーマットで気になったデッキをご紹介しよう。






■ スタンダード: 青赤コントロール



Jonathan Lobo「青赤コントロール」
Competitive Standard Constructed League(5-0)

9 《山》
4 《島》
4 《尖塔断の運河》
4 《さまよう噴気孔》
2 《高地の湖》
1 《ガイアー岬の療養所》

-土地 (24)-

4 《嵐追いの魔道士》
4 《熱錬金術師》

-クリーチャー (8)-
4 《儀礼的拒否》
4 《流電砲撃》
2 《稲妻の斧》
4 《焼夷流》
4 《集団的抵抗》
4 《癇しゃく》
4 《熱病の幻視》
2 《反逆の先導者、チャンドラ》

-呪文 (28)-
4 《否認》
2 《稲妻織り》
2 《騒乱の歓楽者》
2 《払拭》
2 《ヴァラクートの涙》
1 《稲妻の斧》
1 《即時却下》
1 《秘密の解明者、ジェイス》

-サイドボード (15)-
hareruya



嵐追いの魔道士儀礼的拒否熱病の幻視



 ローテーション前の『異界月』環境のスタンダードでは成立していたが、いつの間にか見なくなってしまったデッキとして、「青赤バーン」がある。

 除去を構えることが損な行動となりやすい《密輸人の回転翼機》の登場以降、攻めあわないコンセプトが通用しづらくなったし、《熱病の幻視》も手札を整理されるとダメージソースとしての信頼性が落ちてしまう。そこでこのデッキは恐るべき構築に手を出した。メインに《儀礼的拒否》を4枚搭載したのだ。

 確かに《密輸人の回転翼機》でなければ《霊気池の驚異》という今の状況では、完全に腐るマッチアップはないだろう。そして《密輸人の回転翼機》さえ着地させなければ、条件は前の環境とそう変わらないはずだ。

 《反逆の先導者、チャンドラ》もあり、デッキパワーもなかなか高い。ありきたりな構築に飽きた方は、ぜひスタンダードにおけるバーン道を切り拓いてみて欲しい。


【「青赤コントロール」でデッキを検索】





■ モダン: 黒赤ビートダウン



Igarashi Fumiya「黒赤ビートダウン」
休日モダン17時の部(3-0)

5 《沼》
1 《山》
3 《血の墓所》
4 《血染めのぬかるみ》
4 《汚染された三角州》
2 《湿地の干潟》
2 《新緑の地下墓地》
1 《竜髑髏の山頂》
1 《溶岩爪の辺境》

-土地 (23)-

4 《搭載歩行機械》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
3 《ファルケンラスの貴種》
4 《グルマグのアンコウ》

-クリーチャー (15)-
4 《稲妻》
4 《コジレックの審問》
2 《思考囲い》
1 《集団的蛮行》
1 《終止》
1 《神々の憤怒》
1 《四肢切断》
2 《血染めの月》
2 《密輸人の回転翼機》
1 《反逆の先導者、チャンドラ》
3 《ヴェールのリリアナ》

-呪文 (22)-
4 《虚空の力線》
2 《呪文滑り》
2 《集団的蛮行》
1 《外科的摘出》
1 《終止》
1 《神々の憤怒》
1 《コラガンの命令》
1 《殺戮遊戯》
1 《血染めの月》

-サイドボード (14)-
hareruya



血染めの月ファルケンラスの貴種グルマグのアンコウ



 モダンにおけるジャンドには、黒には手札破壊と《ヴェールのリリアナ》、赤には《稲妻》という価値がある。だが緑はどうだろう?あの悪名高き《タルモゴイフ》以外、実は緑を採用する理由はないのではないか?そう考えると、赤黒2色で十分という結論に至ってもおかしくはないのだ。

 赤黒で組む場合のメリットは、なんといっても《血染めの月》だ。自分は《搭載歩行機械》《密輸人の回転翼機》《ゴブリンの熟練扇動者》といったラインナップを問題なく展開できるので、「ブルームーン」のように遠慮なくメインから搭載することができている。

 面白いのは《グルマグのアンコウ》を4枚フル搭載している点だ。過剰にも見えるが、12枚のフェッチランドと6枚の手札破壊、《密輸人の回転翼機》の助けがあればプレイは造作もない。《ヴェールのリリアナ》と組み合わせたときの盤面の制圧力はさながら黒い《タルモゴイフ》と言えそうだ。

 《ファルケンラスの貴種》《搭載歩行機械》と一緒に並べればどんなダメージレースも跳ね返せるコンバット性能を見せる。新しいアーキタイプ誕生の息吹を感じさせる、野心的な組み合わせに満ちたデッキだ。


【「黒赤ビートダウン」でデッキを検索】





■ レガシー: 白青石鍛冶



echecetmat35「白青石鍛冶」
Competitive Legacy Constructed League(5-0)

3 《島》
2 《平地》
3 《Tundra》
4 《溢れかえる岸辺》
2 《魂の洞窟》
2 《カラカス》
4 《不毛の大地》

-土地 (17)-

4 《審判官の使い魔》
4 《霊廟の放浪者》
4 《翻弄する魔道士》
4 《石鍛冶の神秘家》
3 《スレイベンの守護者、サリア》
3 《呪文捕らえ》
2 《真の名の宿敵》
1 《造物の学者、ヴェンセール》

-クリーチャー (14)-
4 《ギタクシア派の調査》
4 《剣を鍬に》
4 《意志の力》
1 《梅澤の十手》
1 《火と氷の剣》
1 《殴打頭蓋》

-呪文 (29)-
2 《基本に帰れ》
2 《安らかなる眠り》
1 《封じ込める僧侶》
1 《聖トラフトの霊》
1 《異端聖戦士、サリア》
1 《ヴェンディリオン三人衆》
1 《解呪》
1 《議会の採決》
1 《ハルマゲドン》
1 《墓掘りの檻》
1 《真髄の針》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》
1 《精神を刻む者、ジェイス》

-サイドボード (15)-
hareruya



霊廟の放浪者石鍛冶の神秘家呪文捕らえ



 「デス&タックス」には後手番で相手の先手2ターン目のコンボを阻害できないという弱点があった。それを解決するべく見出されたのが《審判官の使い魔》だったが、このデッキはそういったアプローチとは一線を画した、《意志の力》《呪文捕らえ》まで採用し《霊気の薬瓶》に頼った構造からの脱却を図った古典的な白青クロックパーミッションとなっている。

 8枚の1マナ域が《スレイベンの守護者、サリア》《石鍛冶の神秘家》を守る。あとは飛び込んできたスペルを《呪文捕らえ》に吸い込ませ、相手の逆転手段を《翻弄する魔道士》でシャットアウトすればゲームセットだ。

 《ギタクシア派の調査》《翻弄する魔道士》との組み合わせは《陰謀団式療法》の場合と同様に強力だし、《呪文捕らえ》を出すかどうかの判断も容易になる。《霊廟の放浪者》《梅澤の十手》を装備させてひとたびカウンターが乗ったなら、どんなインスタント・ソーサリーも通さない「置きカウンター」の完成だ。

 《もみ消し》《目くらまし》を採用しない代わりに《霊廟の放浪者》《審判官の使い魔》で相手のスペルを牽制するこの構造は、新時代のマナ否定戦略としてレガシーに新たな季節の到来を告げることとなるのかもしれない。


【「白青石鍛冶」でデッキを検索】





■ フロンティア: ニクスの星原



udontneedaweatherman「ニクスの星原」
MTGFrontier Community Tournament - Week 1(3位)

6 《平地》
4 《森》
2 《島》
3 《梢の眺望》
3 《大草原の川》
4 《吹きさらしの荒野》

-土地 (22)-

3 《エルフの神秘家》
4 《万神殿の伝令》

-クリーチャー (7)-
4 《発生の器》
3 《神話実現》
3 《抑圧的な光線》
3 《絹包み》
2 《停止の場》
1 《隔離の場》
3 《ジェイスの誓い》
3 《停滞の罠》
2 《月の力》
1 《孤立領域》
3 《空位の玉座の印章》
3 《ニクスの星原》

-呪文 (31)-
3 《否認》
3 《領事の権限》
2 《神聖なる月光》
2 《石の宣告》
2 《死すべき定め》
2 《抑制する縛め》
1 《月への封印》

-サイドボード (15)-
hareruya



万神殿の伝令空位の玉座の印章ニクスの星原



 《ドロモカの命令》があるフロンティア環境では、エンチャントを主軸にしたデッキはナンセンスだと思うかもしれない。だが、《ドロモカの命令》は4枚しかないししかも狙ったエンチャントを壊せない。ならばエンチャントをたくさん並べればいい。そう、《ニクスの星原》の出番というわけだ。

 『マジック・オリジン』までここ数年、思わせぶりに刷られ続けてきたエンチャント関連のカードは、どれも《補充》のように一線級のエンチャントデッキを組ませるほどのポテンシャルはなかった。だがフロンティアまで視野を広げれば、エンチャントデッキが成立するだけの土台は十分に存在する。

 《万神殿の伝令》から《ジェイスの誓い》《空位の玉座の印章》へとつなげれば有り余るエンチャントが天使トークンを生成し続けるし、サイドボードもマニアックなエンチャントでいっぱいだ。

 誰もが夢見る《ニクスの星原》《月の力》のハーフロックコンボも、フロンティアなら実践級かもしれない。まだまだ始まったばかり、可能性に満ちたフロンティアで好きなカードを詰め込んだデッキを作ってみると、意外なヒット作が生まれるかもしれない。


【「ニクスの星原」でデッキを検索】






 いかがだっただろうか。

 すべてのデッキリストには意思が込められている。

 75枚から製作者の意図を読み解くことができれば、自分でデッキを作るときにもきっと役に立つだろう。

 読者の皆さんも、ぜひ色々と面白いデッキを探してみて欲しい。

 また来週!


【晴れる屋でデッキを検索する】



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事

このシリーズの過去記事