晴れる屋

記事トップ > コラム > EU勢を迎えたHareruya Prosの新たなる挑戦

EU勢を迎えたHareruya Prosの新たなる挑戦

2016/08/12 00:00 

    • 晴れる屋メディアチーム
    • コラム
By Hiroshi Okubo


 ペトル・ソフーレク/Petr Sochurek(チェコ)とマイケル・ボンデ/Michael Bonde(デンマーク)の2名がHareruya Prosに加入して1週間。





 今回、さらに4名のプレイヤーが加入することとなった。

 加入する4名のプレイヤー、ルーカス・ブロホン/Lukas Blohon(チェコ)、マーティン・ミュラー/Martin Muller(デンマーク)、オリヴィエ・ポラック=ロットマン/Oliver Polak-Rottmann(オーストリア)、ピエール・ダジョン/Pierre Dagen(フランス)については下のインタビュー記事をご覧いただきたい。



 ヨーロッパのトッププレイヤーたちを迎え、Hareruya Prosはどうなっていくのか? チーム拡大の理由と、未来への展望について、このチームの創設者であり、『晴れる屋』オーナーでもある齋藤 友晴にインタビューを試みた。

■ ヨーロッパ勢加入の意図




--「先週、Petr Sochurek選手とMichael Bonde選手の2名がHareruya Prosに加入され、本日、さらに4名のプレイヤーが加入されました。合計で6名のヨーロッパのプレイヤー……それも名だたる強豪たちの加入には、どのような意図があるのでしょうか?」


齋藤「それを説明するには、まずヨーロッパのマジック事情から話さないといけません。実はヨーロッパのマジック市場の規模は我々が思っているほど大きくないんです。だから、プロプレイヤーでも長くマジックを続けるのが難しいんですよ。"企業がマジックのプロプレイヤーに出資する"という考え方も浸透していません」


--「たしかに。ヨーロッパにも『Team EUreka』や『Cabin Crew』といった有名なプロチームはありますが、いずれも企業からの出資は受けているという話は聞かないですね」

『Team EUreka』

『Cabin Crew』

※画像は【MAGIC: THE GATHERING英語公式ウェブサイト】より引用させていただきました。

齋藤「ええ。加えて、先日プラチナレベルプロの報酬減額がアナウンスされましたよね。これはすぐに撤回されましたが、近い将来そういった変更がなされる可能性はあります」


--「たしかに、今まで以上に"マジックで生計を立てる"のは難しくなりそうですね」


齋藤「先々そうなったときに"これまでマジックを支えてきてくれたベテラン"や、あるいは"これから伸びていく若いプレイヤー"がマジックを続けていけるように、少しでも力になりたいと思ったのが今回の話のきっかけになっています」

■ プロチームとしてのこれから




--「これだけヨーロッパ勢が一斉に加入すると、国内のみならず海外からの注目度も上がってきそうです」


齋藤「実はマイケルとペトルくん(※Michael BondeとPetr Sochurek)にはグランプリ・シドニー2016の時点でユニフォームを着て参加してもらっていたので、会場ではちょっとした話題になってたんですよ。今回の加入の件でHareruya Prosが海外勢にもっと認知されるようになったらいいな、という意図も少なからずあったので、ありがたいです」


--「今後はグランプリやプロツアーなどでもますますHareruya Prosのユニフォームを見かける機会が増えそうですね」

齋藤「グランプリやプロツアーもそうですが、今回ルーカス(※Lukas Blohon:プロツアー『異界月』優勝)とマーティン(※Martin Muller:『ヨーロッパ』の年間獲得プロポイント2位)が加入したことで、ヤソ(※八十岡 翔太:『アジア太平洋』の年間獲得プロポイント1位)と合わせて世界選手権に参加する24名のプレイヤーの内3名がHareruya Prosということになりました」


--「おお、それは注目ですね!」


齋藤「まぁ世界選手権のことは棚ぼたというか、今回のメンバーに声をかけた時点で意識していたわけではないんですが、これでHareruya Prosが世界に注目されるようになったらハッピーですね」

齋藤「プロプレイヤーの存在はマジックの最大の魅力の一つだと思いますし、そういう意味では今回のチーム拡大によってHareruya Prosはさらに魅力的なチームになったと言えます。何よりHareruya Prosが業界をもっともっと盛り上げていくことができれば、"マジックで世界をひとつにすること"という僕の夢が、実現に向けて一歩近付くんです」


--「ありがとうございます。最後に、読者の皆さんに一言お願いします」


齋藤「インターナショナルになったHareruya Prosをこれからも応援よろしくお願いします!」




 新メンバーを迎えて、ますます進化を続ける「Hareruya Pros」。

 マジックをさらに盛り上げていくために、これからも彼らは歩み続ける。

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事