晴れる屋

記事トップ > 準々決勝: 工藤 耕一 vs. 兼清 隆介

準々決勝: 工藤 耕一 vs. 兼清 隆介

2016/03/12 00:00 

By Yuya Hosokawa

(スマートフォンの方は【こちら】)


 PWCCはいよいよ決勝ラウンド。

 当然、豪華な顔ぶれがこの対戦テーブルで雌雄を決することになる。

 まずはPWCといえばこの人、兼清 隆介

 独自のデッキを構築し続ける兼清は、今回も独創的な「五色ミッドレンジ」を手に、スイスラウンド8回戦という荒波を泳いできた。二種類の龍王、《龍王ドロモカ》《龍王アタルカ》。そして《コラガンの命令》《シルムガルの命令》と、龍王たちの手をこれでもかというほど借りているデッキだ。


龍王ドロモカ龍王アタルカコラガンの命令シルムガルの命令


 そんな超ヘビー級の兼清と相対するのは、グランプリ準優勝の実績もあるこの男。

 純正三色の「ジェスカイアグロ」を使う工藤 耕一だ。

 ジェスカイといえば、《はじける破滅》をタッチした「ダークジェスカイ」か、【光安が使用している「ジェスカイドラゴン」】のようなものが一般的だが、工藤のジェスカイは古き良きジェスカイテンポだ。《道の探求者》から始まり、マナカーブの頂点は《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》。純正三色にする意味はほぼこの《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》のためだと言って良い。


道の探求者カマキリの乗り手ヴリンの神童、ジェイスゼンディカーの同盟者、ギデオン


 アグロ対コントロール。制するは果たして兼清か、工藤か。



Game 1


 おなじみのフェッチランドの置き合いから、後手の工藤の《ヴリンの神童、ジェイス》でゲームの幕は開く。土地を置き続けるだけの兼清に対し、工藤は3ターン目に《カマキリの乗り手》を唱え、一気に攻め立てる。

 だが、3マナを余した兼清にアクションがないはずがない。ターンエンドに《アブザンの魔除け》をドローモードで使用する。「ドロー?」という疑問はすぐに解決した。


衰滅


 兼清が唱えたのは《衰滅》。警戒していなかった工藤は小さくうめく。

 一気に攻め手を失ってしまった工藤だが、ならばと次は墓地に落ちたクリーチャーをリムーブして《時を越えた探索》を唱える。そして、そこから手に入れた《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》をプレイしてみるのだが、兼清からは狙いすました《シルムガルの命令》が飛ぶ。


時を越えた探索ゼンディカーの同盟者、ギデオンシルムガルの命令


「カウンター入ってるのか……」

 変幻自在の兼清のデッキに、工藤は既に翻弄されている。

 工藤が《ヴリンの神童、ジェイス》を唱えれば兼清は《龍王アタルカ》。この《龍王アタルカ》の猛攻を《勇敢な姿勢》で抑えたも束の間、2枚目の《龍王アタルカ》が工藤のクリーチャーとプレインズウォーカーを焦がす。


龍王アタルカ


 《ジェスカイの魔除け》で延命措置をはかるものの、工藤のフルタップを見計らって《乱脈な気孔》《アブザンの魔除け》でカウンターを乗せる抜け目ない兼清。

 4/5の《乱脈な気孔》と自身がライブラリートップに置いた《龍王アタルカ》を工藤は一瞥する。

 あと工藤にできることといえば、土地を畳むぐらいだった。


工藤 0-1 兼清



Game 2


 Game 1はすっかり兼清のペースに持ち込まれてしまった工藤。手札を6枚にして占術で見たカードを下に送ると、気を取り直して第二ゲームを始める。

 《道の探求者》で殴り始めた工藤は4ターン目に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を唱えようとするが、ここに兼清は《コラガンの命令》を合わせる。《道の探求者》は落とされたが、工藤の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》は無事に着地してトークンを生み出す。


コラガンの命令ゼンディカーの同盟者、ギデオン


 最初のゲームを《衰滅》で落としてしまった工藤にとって《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の安心感は並々ならぬはずだ。

 兼清の4ターン目は《包囲サイ》。この《包囲サイ》を倒すカードを探しに行くために《時を越えた探索》をキャストした工藤だったが、残念ながら見つからず。そればかりか7枚の内容ははっきり言ってイマイチだ。仕方なくこの場面では強くない《層雲の踊り手》《ヴリンの神童、ジェイス》を手札に加える。



工藤 耕一


 兼清は《包囲サイ》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の忠誠値を1に落とすと、マナをフルオープンのままターンを終える。

 工藤はノータイムでトークンと《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》で攻撃する。《アブザンの魔除け》が飛んでくるが、もちろんわかっていた工藤は落ち着き払って《払拭》。第二メインで《層雲の踊り手》を変異でキャスト。


アブザンの魔除け払拭炎呼び、チャンドラ


 そして続くターンに《炎呼び、チャンドラ》を引いた工藤が、星を取り返した。

工藤 1-1 兼清



Game 3


 またしてもマリガンスタートとなってしまった工藤。そして、そんな工藤の1枚減った手札を、兼清の《強迫》が攻め立てる。《払拭》《時を越えた探索》と残りはすべて土地という手札から兼清は《払拭》をチョイスする。

 引き込んだ《層雲の踊り手》をプレイした工藤をあざ笑うかのように《コラガンの命令》を浴びせる。さらに4ターン目には《包囲サイ》と兼清はエンジン全開だ。


強迫コラガンの命令包囲サイ


 この《包囲サイ》《勇敢な姿勢》で対処したものの、その後に打った《時を越えた探索》があまりにも弱い。7枚中3枚《ヴリンの神童、ジェイス》なのだ。苦笑しながら《軽蔑的な一撃》を手札に加える。



兼清 隆介


 それにもまして兼清の動きが良い。《棲み家の防御者》2体を連続で変異し、《コラガンの命令》を連発する。気付けば工藤の手札には何もない。

 ずっと2体1交換を取られ続けたのだ。手札も場も、すべてのリソースにおいて兼清が工藤を優っている。まさにコントロールの醍醐味。

 ライフだけは残っていた工藤だったが、それも一瞬の出来事に過ぎなかった。


工藤 1-2 兼清


この記事内で掲載されたカード