晴れる屋

記事トップ > 準々決勝: 光安 祐樹 vs. 菅沼 貴之

準々決勝: 光安 祐樹 vs. 菅沼 貴之

2016/03/12 00:00 

By Atsushi Ito

(スマートフォンの方は【こちら】)


 大波乱のトップ8となったPWCC2016。

 何と不戦勝3を持っていた4人のうち、三宅 恭平、中道 大輔、簗瀬 要の3人が揃ってスイスラウンドで敗退してしまったのだ。

 やはりPWC入賞経験を持つプレイヤーが招待され、必然的に参加者も強豪揃いとなるPWCCともなると、ランキング最上位のプレイヤーでさえも容易には勝ち抜けないということか。

 だがそんな中でも、ひとり気をはいたのが光安 祐樹。ジェスカイキャラを貫いたダークジェスカイドラゴンを駆り、6-0からの2IDで悠々トップ8入りを決めている。

 とはいえ、対戦相手の菅沼 貴之のデッキはエスパードラゴン。まるで『タルキール龍紀伝』発売直後に時が戻ったかのような《龍王オジュタイ》《シルムガルの嘲笑》デッキの対決だが、構成パーツが似通っているとなると、後手に回ったとしても相手のドラゴンを対処する手段が多い菅沼のデッキの方が有利そうに見える。

 はたして光安自身も「相性最悪」と認めるこの試練を乗り越え、悲願の優勝トロフィーを手にすることができるか。



Game 1


 先手の光安がマリガンながらも《ヴリンの神童、ジェイス》を送り出すが、菅沼はすぐさま《闇の掌握》でこれを対処。

 さらに菅沼は後手3ターン目の《精神背信》で、

《雷破の執政》
《龍王シルムガル》
《軽蔑的な一撃》
《血染めのぬかるみ》

 というラインナップから《雷破の執政》を抜き去ると、4ターン目に今度は自身の《ヴリンの神童、ジェイス》を着地させる。

 手札を見られてからの2ターンのドローが土地だった光安はこれに対して除去を当てることができず、《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound》への変身から《強迫》、さらに《精神背信》を再利用されて《龍王シルムガル》《軽蔑的な一撃》も失い、リソースが土地のみとなってしまう。

 それでも《さまよう噴気孔》があったことでどうにか《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound》を落とすのだが、菅沼が続けて「空出し」した《龍王シルムガル》を止める術を持たない。

 引き込んだ《ヴリンの神童、ジェイス》《龍王オジュタイ》《闇の掌握》《忌呪の発動》で的確に対処され、3点ずつライフを失っていく光安。

 それでも、マウントをとっているとはいえ1対1交換しかできていない菅沼がカウンターを引き込めていない隙に《時を越えた探索》を通すことに成功する。



光安 祐樹


 慎重に2枚を選んだ光安、まずは《雷破の執政》を送り出し、これは菅沼が抱えていた手札の最後の1枚、《忌呪の発動》で対処されるが、さらに続くターンに《ヴリンの神童、ジェイス》をプレイする。

 だがこれすらも菅沼がトップした《完全なる終わり》で対処され、残りライフは6点。

 《龍語りのサルカン》を出すものの、《龍王シルムガル》を落とすことはできない。

 そしてさらに菅沼に《乱脈な気孔》を引き込まれたことで、結局光安は《龍王シルムガル》によるビートダウンを完遂されてしまったのだった。


光安 0-1 菅沼



Game 2


 先手3ターン目の《精神背信》で土地4枚と《強迫》《闇の掌握》《苦い真理》とパワーに欠ける手札から《苦い真理》を抜かれてしまった菅沼だが、返す《強迫》

《雷破の執政》
《シルムガルの嘲笑》
《軽蔑的な一撃》
《炎呼び、チャンドラ》
《時を越えた探索》

 という鈍重な手札から《時を越えた探索》を抜き返す。

 一方、4枚目、5枚目と土地を引き込んだ光安だったが、《ヴリンの神童、ジェイス》を送り出したところで《闇の掌握》《シルムガルの嘲笑》《シルムガルの嘲笑》というカウンター合戦に敗れ、攻め手に欠ける展開。

 《龍王シルムガル》が見えているため、《軽蔑的な一撃》を構えるまで待って《雷破の執政》を出すのだが、これにも《闇の掌握》が飛ぶ。

 そして菅沼の《乱脈な気孔》に殴られ始めてしまう。



菅沼 貴之


 それでも、どうにか再び《時を越えた探索》を引き込んで通し、《雷破の執政》への《忌呪の発動》には《払拭》《龍王オジュタイ》には《シルムガルの嘲笑》と、菅沼の行動を制限する。

 だが菅沼は光安がカウンターの連打で《軽蔑的な一撃》を構えられなくなったこの隙に《時を越えた探索》を通すことに成功する。ゆっくりと2枚を吟味する菅沼。

 何が手札に加えられたのか。だが、この機を逃すわけにはいかない。

 そう考えたか、見えている《龍王シルムガル》用の《軽蔑的な一撃》を構えつつ光安は《炎呼び、チャンドラ》を送り出し、「+1」能力使用で一挙10点アタック。菅沼に解答を迫る。

 その解答を、菅沼は既に持っていた。


強迫


 《強迫》。光安の手から《軽蔑的な一撃》が零れ落ちると、手札から嘲笑いを見せるだけだった《龍王シルムガル》が降臨。光安の《炎呼び、チャンドラ》を奪い去る。

 その龍王を除去する術を、光安はまたしても引き入れることができなかった。


光安 0-2 菅沼



この記事内で掲載されたカード

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする