晴れる屋

記事トップ > Round 2: 大野 勇雄(東京) vs. 海老江 邦敬(神奈川)

Round 2: 大野 勇雄(東京) vs. 海老江 邦敬(神奈川)

2011/03/26 00:00 

By Shiro Wakayama



Round2は、PPRランキング8位と年間を通して好成績を残している大野と、PWCのチームスタンダードを5分の3で優勝するという、"チームスタン優勝請負人"こと海老江のマッチアップを、ダイジェストでお届けしよう。

スタンダードを席巻した赤緑《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》の同系対決。大野のデッキはPWCで10回中9回入賞という、驚異的な成績を残したAKKAこと相沢のデッキを譲り受けているとのこと。

超先手ゲーと言われるこの対決を勝利するのは果たしてどちらか?







Game 1

海老江 「あーあ。。サイド後頑張るかぁ。」

ダイスロールに負けてしまって先手をとられてしまった上に、痛恨のマリガンをしてしまった海老江は落胆を隠そうともしない。それほどに先手後手で勝率が変わることを、このマッチアップを知り尽くしている二人は知っている。

先手の大野が《カルニの心臓の探検》から《新緑の地下墓地》セット、《耕作》《カルニの心臓の探検》も起動し、4ターン目の6マナを確定させる。

出てきたのは《業火のタイタン》《原始のタイタン》ではなかったので、安堵の表情を見せる海老江。

《業火のタイタン》を鏡打ちして、見た目上は互角の場を作り出すのだが、次のターン、都合3体目の《業火のタイタン》が場に降臨すると、どうやってもライフを守りきれない海老江は、次のゲームへと気持ちを切り替えた。

大野 1-0 海老江



Game 2

当然先手の海老江。

《カルニの心臓の探検》《耕作》と順調に展開していく海老江をしり目に、大野は土地がぴたりと止まってしまい、《業火のタイタン》をディスカードする羽目になってしまう。

ディスカードを見届けた海老江は、《怒り狂う山峡》をセットと、ゆったりする構え。

何とか土地を引き込み、《水蓮のコブラ》をプレイする大野だが、どれだけ滑らかにマナを増やすかがキーポイントの、同系対決でここまでのマナ差をつけられてはどうしようも無い。

先手をとれるGame3で勝負を決めるべく、このゲームは海老江に花を持たせた。

大野 1-1 海老江



Game 3

大野は手札に《山》しかなく、ゲームを始められる算段が立たずに即マリガン。

海老江 「んーー。マリガンなら、ゆとりっぽいけどキープかな。」

軽快にトラッシュトークをしながらキープする海老江。だが、この判断が功を奏す。

大野は痛恨のトリプルマリガンに見舞われてしまう。

大野、トリプルマリガンながらも、2ターン目に《探検》をうち、順調に土地を伸ばす。

対する海老江は、2ターン目《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》セットエンドという、まごうことなき、ゆとりキープ。

しかし、ゆとりキープと宣言したからには、時間の余裕があれば楽なマッチアップになるはずの海老江。3ターン目には《水蓮のコブラ》《カルニの心臓の探検》と展開し、次のターンには《耕作》をプレイ。さらに《水蓮のコブラ》から出したマナで《耕作》おかわりという、パワフルな展開を見せる。

対する大野も、《怒り狂う山峡》でアタックすることしかできないものの、ここで引き込んだのは《耕作》。相手の動き次第では、場に2枚ある《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》を考えると、逆転可能な場を作り上げる。

だが、海老江の場にも《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》が2枚。《耕作》をプレイすると、《カルニの心臓の探検》と合わせて、3×2×4という、今日何度行われるのだろう。という、お決まりの計算をしてゲームに勝利した。

大野 1-2 海老江