晴れる屋

記事トップ > Round 1: 井川 良彦(東京) vs. 夏目 拓哉(山梨)

Round 1: 井川 良彦(東京) vs. 夏目 拓哉(山梨)

2011/03/26 00:00 

By Atsushi Ito



 bye(不戦勝)持ちプレイヤーも多くいる中で、プロレベル5の井川は1回戦から登場だ。

 対するは山梨の夏目。デッキは白単《空の遺跡、エメリア》コントロールである。

 あまり耳慣れないデッキかもしれないが、最近Magic Onlineで姿を見せ始めたアーキタイプで、Caw-Bladeをはじめ、クリーチャーデッキには無類の強さを誇ると評判だ。唯一《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》デッキだけは相性的に厳しいが、それ以外とは五分以上の立ち回りができる、とのことだ。

 だが井川のデッキは、よりにもよってその《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》である。

 はたして夏目はこの相性差を乗り越えることが出来るのか。



Game 1

 先手は井川。2ターン目に《カルニの心臓の探検》、3ターン目に《砕土》《探検》で追加セットランドはないものの、6マナへの準備は万端。

 対する夏目は1ターン目のドローが何と《神聖の力線》《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》デッキ相手のキーパーツだが、後引きではいかにも遅い。初手にあれば……とちょっとしょんぼりする夏目。続くドローも《太陽のタイタン》では間に合いそうもない。

 仕方なく3ターン目に《巡礼者の目》を出してはみるものの、返しに登場したのはやはり《原始のタイタン》

 これは即座に《未達への旅》するものの、続いて登場した《業火のタイタン》が、《怒り狂う山峡》と合わせて速やかに夏目のライフを削りきった。

 井川 1-0 夏目



Game 2

 相性的に厳しいマッチアップということもあって、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》デッキ相手のサイドボードは十分な対策をとっていた夏目。だが、無情にもここでダブルマリガンを強いられてしまう。

 5枚となった初手には土地が《平地》1枚しかないが、それでもゲーム開始時に《神聖の力線》を置き、続くターンから《空の遺跡、エメリア》《湿地の干潟》《平地》と連続で土地を引き込んで、《コーの火歩き》《戦隊の鷹》と順調にクロックを展開していく。

 《神聖の力線》さえ無事ならば突然死することもない。《戦隊の鷹》の展開は慎重に2体に留め、夏目は4点ずつ井川のライフを削る。

 だが、ここで夏目のターンエンドに井川が《自然の要求》。頼みの綱の《神聖の力線》が割られてしまう。

 その上で井川は満を持して《原始のタイタン》をプレイ。脇には《カルニの心臓の探検》もあり、夏目は後続がないことを祈ってこれを《未達への旅》するしかない。

 しかし井川がプレイしたのは2枚目の《原始のタイタン》。4枚揃った《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》の力で、23点あった夏目のライフは一瞬でゼロを割ってしまった。

 井川 2-0 夏目